治療内容

長時間労働や睡眠不足などの体にかかるストレス、人間関係や家庭内トラブル、経済問題などの心をきしませるストレス、様々なストレスが私たちの自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスを狂わせています。

 

自律神経系の狂いにより、不眠・動悸・めまい・息切れ・イライラ感・食欲不振など、全身に様々な症状が現れますが、西洋医学的なアプローチでは効果が少なく改善しないのが特徴です。

 

東洋医学的見地に立った鍼灸治療は、自律神経系に揺らぎを引き起こし、自律神経のバランスは本来あるべき状態に正常化され、症状は改善されます。

 

治療は、頭・手・足・お腹・背中にあるツボに極弱い針刺激を与えます。施術は約1時間です。1週間に1回、症状により3~6ヶ月の期間が必要になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自律神経失調症・不定愁訴などに対する全身治療

 

肩こり・腰痛などの運動器系疾患に対する治療

首・肩・背中が重く固まることはありませんか?

イスから立つときにに痛みを感じませんか?

目の奥・眉間・こめかみが痛むことはありませんか?

 

長時間パソコンを使用する人に、目の痛みや・首肩から背中・腰にかけての凝り感・痛みを感じる人が増えています。

原因の一つが筋肉中の血流不足です。一日中画面を見続けたり、同じ姿勢をとり続けることで、血液の巡りが悪くなり、疲労物質や発痛物質などの老廃物が滞るようになります。そのために筋肉は硬くなり凝り感や痛みが生じてしまうのです。

鍼灸治療によるツボへの刺激は、締め付けられて細くなった血管を拡張し血流改善を起こします。筋肉中に溜まっていた老廃物は洗い流されて、凝り・痛みの解消や疲労回復が促進されます。

 

婦人科系の症状に対する治療

不妊症は東洋医学的には冷えが原因と考えられています。

骨盤周囲の冷えを取り、血流が良く温かい環境を作り、可能性を高める事が必要となります。

鍼灸治療は骨盤周囲だけでなく、体全体を刺激する事により、骨盤内部の気血を巡らせ温かい環境を作ることができます。

当院では週2回6ヶ月で結果を出せるようにしています。

©2018 按鍼堂 

埼玉県さいたま市浦和区北浦和3-8-10 アルシュセマ302 (予約制)

  • Facebook App Icon